ゴルフのスコア【名称や点数】初心者でも分かりやすいように紹介!

ゴルフの基礎的な知識の一つでもある「スコア」の名称や点数の付け方を紹介していきます。

「今更誰にも聞けない!」

「勘違いしていた!」

という人は多くいます。

ラウンド前に必ず確認して、覚えておきましょう!

 

 

ゴルフのスコア

ホールごとでの点数の数え方

各ホールには、あらかじめ規定の打数が定められています。

【パー○】と○の部分が規定の打数となります。ですので、ゴルフでは、その数よりも多いのか少ないのかでスコアを競うスポーツとなります。

例えば、全ホールを規定打数通り「パー」で回るとスコア72点となります。

規定打数よりも1打多い「ボギー」で回ったとすると、スコアは90点となります。

 

【全18ホール=72打(合計)】

  • パー4(4打)×10ホール = 40打
  • パー3(3打)×4ホール = 12打
  • パー5(5打)×4ホール = 20打

上記のスコアでラウンドすることをパープレーと呼ぶ。上級者やプロが出すようなスコアとなります。

アマチュアゴルファーの目標や憧れとなるスコアとなります!

 

 

スコアの名称

最低限ここの名称は覚えておこう!

規定の打数でカップインすることを、「パー(Par)」

1打少ないことを、「バーディー(Birdie)」

1打多い場合は、「ボギー(Bogey)

2打多い場合は、「ダブルボギー(Double bogey)

3打多い場合は、「トリプルボギー(Triple bogey)

1打でカップインすることを、「ホールインワン(Hole in one)」

2打少ないことを、「イーグル(Eagle)

 

珍しいスコア

プロでも出すことが難しいスコアとなります。そもそも珍しすぎて出ることがない為、あまり覚える必要はありません。

3打少ないことを、「アルバトロス(Albatross)」ダブルイーグル(Double eagle)

4打少ないことを「コンドル(Condor)」「ダブルアルバトロス(Double albatoross)」「トリプルイーグル(Triple eagle)」

 

 

スコアの元ネタ

バーディーは小鳥

イーグルは鷲(ワシ)

アルバトロスはアホウドリ

鳥の大きさの違いから、ゴルフのスコアは名付けられました。

 

 

まとめ

スコアを覚えておくと、ゴルフがより楽しくなります。さらに上のスコアを目指して、頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA