【キャロウェイ 2021年新作ドライバー】大人気「EPIC」が3種類登場!

6 min 101 views
キャロウェイのEPICドライバー
RYOTA

RYOTA

シングル目指して頑張っている20代ゴルファーです!
【経歴】
・ゴルフ経験は2年半
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90

FOLLOW

2021年1月20日に、キャロウェイより2021年最新ドライバーが発表されました。

そこで!この記事では キャロウェイの人気シリーズ!

RYOTA

RYOTA

「EPIC」の新作ドライバーを紹介します!

新構造の「スピードフレーム」、それが「2本の柱」となることによって、飛びに繋がっているみたいなので、紹介していきます!

キャロウェイファンやEPICファン、新しいドライバーを検討されている方は、是非参考にしてください!

2021年新作ドライバー【EPICシリーズ】の特徴!

AIが新たに専用設計したFLASHフェースSS21を搭載

EPIC SPEEDドライバー

「EPIC SPEEDドライバー」のヘッドには、このモデル専用にAIが設計したFLASHフェースSS21を採用しました。

「EPIC SPEEDドライバー」のターゲットである、ある程度ヘッドスピードのある、中級者を中心とした幅広い層のゴルファーの打点位置の傾向を考慮しながら、AIがフェースの形状を幾通りもテスト。

導き出されたフェースは、どの部分でのヒットでも、これまでにないほどのボールスピードを実現し、大きな飛びをもたらしてくれます。

JAILBREAKまでもAIが新たに解析・設計

FLASHフェースSS21と並んで、新しいEPIC シリーズのドライバーにおける最大のトピックと言えるのが、JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーです。

従来の2本の柱、JAILBREAK テクノロジーとは異なり、今回はボディの垂直方向、水平方向の剛性をさらに高めつつ、フェースのたわみ量を最大化するという課題のもと、初めてAIが解析と設計を担当。

その結果、生み出されたのが、フレーム状になったJAILBREAK AI スピードフレームです。

フレームで力がフェースに集まり、ボールスピードがアップ

JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーにより、クラウンのたわみ量は約20%減少※。

その分、インパクトの力がよりフェースに注がれることで、さらに安定して高いボール初速が生み出されることになりました。

またここに、FLASHフェースSS21の性能が加わることで、新しいEPIC シリーズのドライバーは、かつてないほどのレベルの飛距離性能を獲得しています。

*JAILBREAKがない一般的なドライバーとの比較

EPICシリーズは全部で3種類!

RYOTA

RYOTA

EPICシリーズは、この3種類!

それぞれを解説していきます!

EPIC SPEEDドライバー

キャロウェイのEPICドライバー

革新的なフレームとテクノロジーの結集!

RYOTA

RYOTA

クラブ全体でスピードを極める、最先端EPIC!

ドライバーではAIが、最新のFLASHフェースSS21をデザインしただけにとどまらず、JAILBREAK テクノロジーまでも解析、設計し、新たにJAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーを生み出しました。

これにより、インパクトの力は従来よりもフェースに集中。ボール初速は、かつてないレベルとなっています。

また、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大し、ソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを使用。

重心位置もさらに最適化されました。3機種のなかでスタンダードなタイプに位置する、「EPIC SPEEDドライバー」は、高初速エリアの広いフェースと浅重心設計の効果で、安定して低スピンの弾道を遠くへと飛ばす性能を実現。

まさに、EPIC(桁外れ)なパフォーマンスを発揮するモデルとなっています。

浅重心化+FLASHフェースSS21でやさしさも実現

キャロウェイのEPICドライバー

「EPIC SPEEDドライバー」では、浅重心設計にもなっています。

従来の浅重心設計は、ギヤ効果が減少することでフェースのどこで打っても、安定したスピン量が得られる利点がありましたが、一方で打点の違いによるボールスピードのバラつきは避けられず、やさしさに欠けていました。

しかし、「EPIC SPEEDドライバー」では、フェースのどのエリアでも高いボール初速を実現するFLASHフェースSS21が採用されているため、飛距離のバラつきが減少。

安定したスピン量と飛びを可能にするやさしさをもたらします。

トライアクシャル・カーボンクラウンをソールにも採用し、適度なドローバイアス

キャロウェイのEPICドライバー

「EPIC SPEEDドライバー」では、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大。

これによりクラウン部の重量をさらに削減することが出来き、重心位置の最適化に生かしています。

また、新たにソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを採用。

これが適度なドローバイアス設計にも生かされており、程良いつかまりのヘッドとなっています。

さらに、浅重心設計でありながら、ソール後方のスクリューウェイト(2g)なども手伝って、MAVRIKドライバー以上の高慣性モーメント化も実現。

ミスヒットへの強さに貢献しています!

MAVRIK ドライバーに続き、サイクロン・ヘッドシェイプも採用

キャロウェイのEPICドライバー

「EPIC SPEEDドライバー」のヘッドには、MAVRIKドライバー同様に、サイクロン・ヘッドシェイプが採用されました。

ややヘッド後部は低くなりましたが、MAVRIKドライバーとほぼ同等の形状となっています。

サイクロン・ヘッドシェイプは、スイング時の空気抵抗を軽減し、高いクラブスピードを可能にする形状です。

スペック

ヘッド体積 (CM3)460
ライ角(°)58.0
ロフト角(°)9・10.5
EPIC SPEEDドライバー
created by Rinker

EPIC MAXドライバー

革新的なフレームで、ボール初速はMAXへ

キャロウェイのEPICドライバー
RYOTA

RYOTA

やさしく、つかまえて飛ばせるEPIC MAXドライバー!

ドライバーではAIが、最新のFLASHフェースSS21をデザインしただけにとどまらず、JAILBREAK テクノロジーまでも解析、設計し、新たにJAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーを生み出しました。

これにより、インパクトの力は従来よりもフェースに集中。ボール初速は、かつてないレベルとなっています。

また、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大し、ソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを使用。

重心位置もさらに最適化されました。

3機種のなかで、もっともやさしさのあるタイプに位置する、「EPIC MAXドライバー」は、ドローバイアス設計で、MAVRIK MAXドライバーを大きく上回る慣性モーメントも達成。

フェースに集まったパワーを、しっかりボールへ伝達し、強力なボールスピードを生み出します。オートマチックに、真っすぐ遠くへと飛ばす性能は、まさにEPIC(桁外れ)です。 

キャロウェイ史上最大級の慣性モーメントで安定性抜群

キャロウェイのEPICドライバー

「EPIC MAXドライバー」のヘッド後部には、独自のペリメーター・ウェイトが装着されており、ウェイトの重さは12g。

ペリメーター・ウェイトを調整することにより、好みの弾道にチューニングすることが可能です。また、このウェイトの効果などもあり、慣性モーメントはキャロウェイ史上でも最大級。

インパクト時のフェースの開閉を抑え、安定した弾道をもたらしてくれます。

なおヘッドシェイプは、MAVRIK MAXドライバーとほぼ同等です。

ドローバイアス設計で、ボールがおもしろいほどつかまる

キャロウェイのEPICドライバー

新しいEPIC シリーズのドライバーでは、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大。

これによりクラウン部の重量をさらに削減することが出来き、重心位置の最適化に生かしています。

また、新たにソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを採用。これらの要素も含めて、「EPIC MAXドライバー」は、ドローバイアス設計となっており、ボールを楽につかまえられるヘッドとなっています。

加えて、MAVRIK MAXドライバーに比べて低重心となっているため、よりスピン量を抑えて飛ばすことが可能です。

スペック

ヘッド体積 (CM3)460
ライ角(°)59.0
ロフト角(°)9・10.5・12
EPIC MAXドライバー
created by Rinker

EPIC MAX LSドライバー

革新的なフレームで、ボール初速はMAXへ

キャロウェイのEPICドライバー
RYOTA

RYOTA

低スピンで、たたいて飛ばせるMAX LS!

ドライバーではAIが、最新のFLASHフェース SS21をデザインしただけにとどまらず、JAILBREAK テクノロジーまでも解析、設計し、新たにJAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーを生み出しました。

これにより、インパクトの力は従来よりもフェースに集中。ボール初速は、かつてないレベルとなっています。

また、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大し、ソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを使用。

重心位置もさらに最適化されました。

3機種のなかでも、ヘッドスピードやスキルの高いプレーヤー向けに位置する、「EPIC MAX LSドライバー」は、その名のとおり、「EPIC MAXドライバー」のLS(Low Spin)・低スピンモデル

MAVRIK MAXドライバーに迫る高慣性モーメントを達成しており、これまでには考えられなかったほどやさしく、強弾道を描くことができるようになっています。

MAVRIK MAX ドライバー並みの慣性モーメントでやさしさも獲得

キャロウェイのEPICドライバー

「EPIC MAX LSドライバー」のヘッド後部には、独自のペリメーター・ウェイトが装着されており、ウェイトの重さは9g。

ペリメーター・ウェイトを調整することにより、好みの弾道にチューニングすることが可能です。

また、このウェイトの効果などもあり、「EPIC MAX LSドライバー」は、MAVRIK MAXドライバー級の高慣性モーメントを達成。

また、ヘッド体積はMAVRIK Sub Zeroドライバーよりも大きい460㎤となっており、大きなヘッドで高慣性モーメント、低スピン設計。

プロ、上級者向けモデルとしてはとてつもなくやさしいドライバーとなっています。

トライアクシャル・カーボンクラウンをソールにも採用し、適度なフェードバイアス

キャロウェイのEPICドライバー

新しいEPIC シリーズのドライバーでは、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大。

これによりクラウン部の重量をさらに削減することが出来き、重心位置の最適化に生かしています。

また、新たにソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを採用。

これらの要素も含めて、「EPIC MAX LSドライバー」は、ボールのつかまりすぎを嫌うプロ、上級者に向けて、適度なフェードバイアスのヘッド設計となっています。

スペック

ヘッド体積 (CM3)460
ライ角(°)57.0
ロフト角(°)9・10.5
EPIC MAX LSドライバー
created by Rinker

発売日は2021年2月19日!

RYOTA

RYOTA

EPICシリーズの発売日は2021年2月19日!

※情報が入り次第に更新します!

引用元

キャロウェイ 公式HP

https://www.callawaygolf.jp/jp/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC/c/DRIVERS

参考動画(YouTube)

価格(Amazon・楽天・yahoo)

EPIC SPEEDドライバー

¥67,760円 (税込)

※公開時点の価格です。価格の変更や商品サイトによっても違いがありますので、商品販売サイトでご確認ください。

EPIC SPEEDドライバー
created by Rinker

EPIC MAXドライバー

¥67,760円 (税込)

※公開時点の価格です。価格の変更や商品サイトによっても違いがありますので、商品販売サイトでご確認ください。

EPIC MAXドライバー
created by Rinker

EPIC MAX LSドライバー

¥67,760円 (税込)

※公開時点の価格です。価格の変更や商品サイトによっても違いがありますので、商品販売サイトでご確認ください。

EPIC MAX LSドライバー
created by Rinker
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA