【ゴルフ初心者が効率的に上達!?】まずは何から練習したらいいの?【結論:9番アイアンです!】

RYOTA
まずは何から練習したら良いのかをご存知ですか?
効率的な練習方法をご存知ですか?

この記事では、ゴルフ初心者が効率的に上達をしていくための練習方法を紹介します。

初心者がゴルフを辞める原因で多いことの一つとして、「練習しても上手くならない」ということが挙げられます。

そこで、多くのゴルファーにゴルフの楽しさを知ってもらうためにも、筆者が経験した、初心者の時に練習で失敗したことや、上達をした方法を実体験を交えながら紹介をします。

正しい練習方法で、効率的に成長して、ゴルフを好きになりましょう!

 

RYOTA
自己紹介!

・ゴルフ経験は約2年
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90

 

ゴルフ初心者が効率的に上達する方法を解説!

ゴルフは他のスポーツと違って、使用するクラブが複数あります。「野球・テニス・バトミントン・卓球」など道具を使うスポーツはたくさんありますが、今あげたスポーツは基本的には、1本の道具でスポーツをします。

そのため、ゴルフ初心者は大量にクラブがあるので、「どれを使ったらいいんだ?」と迷う人が多いと思います。

間違った練習方法は、変な癖を付けたり、上達への遠回りとなってしまいます。正しいクラブで、正しい練習方法をして、効率的に上達しましょう!

ゴルフ初心者が効率よく上達するためのコツ!【答え:出来ない・求めない・構え】普段の練習からさっそく使えます!

2020年8月13日

 

初心者は、何から練習したらいいの?
効率良く上達したいです!

筆者がゴルフを始めた時に、「まずは練習場に行ってクラブを使ってみよう!」ということで、家の近所にあった練習場に行きました。

しかし、着いたは良いが、どのクラブを使えば良いのかが分かりませんでした。そのため、周りのを見渡して、1番多くの人が使っていた「ドライバー」を持って、練習を100球ぐらい行っていました。

アイアン」に関しては、あんまり飛ばないし、地面に当たって手が痛くなるから使っていませんでした。

ただ、「アイアン」の重要性に気がついたのはそれから1ヶ月後でした。

それは、会社の先輩と初のゴルフのラウンドを回った日でした。

 

練習すべきはドライバーではありません!
練習すべきはアイアンです!

ドライバーは練習場でも、「まともに当たらない」「真っ直ぐ飛ばない」「スライスする」、こんな状態でした。案の定、その日は、OBばかりで、「プレイング4」に行き4打目から打っていました。

ただ、そこからが問題でした。「プレイング4」から何で打てば良いのかが、分かりませんでした。

アイアンを練習していないので、どの番手でどのくらい飛ぶのかが全く分からず、適当に「ラッキー7」と言って、7番アイアンを握っていました。

しかし、「当たらない」「飛ばない」ような状態で、ちょっとずつ、前に進んでいました。カートにも乗れないので、その日はすごく疲れたのを今でも覚えています。

そのゴルフの次の日の仕事終わりに、会社の先輩と一緒に練習場に行き、教えてもらいました。この時に初めて、アイアンから練習をした方が良いのだと知りました。特に7番アイアンで練習した方が良いよと言われました。

この時までに、練習場でドライバーだけを500球ぐらい打っていましたので、正直言って、「もっと早く教えてくれ!」とは思いましたが、聞いていない自分が悪いなと思い、「何かすごく損したな」という気持ちでした。

そんな筆者のような失敗をしないためにも正しい練習を知ってから練習を始めましょう!

 

おすすめは「9番アイアン」です!

先程、筆者の体験で7番アイアンで練習した方が良いよと言われたと紹介しましたが、筆者がおすすめする練習クラブは「9番アイアン」です!

一昔前には、7番アイアンでの練習が推奨されていました。それはなぜかと言うと、一昔前のクラブ構成は、ドライバーからウェッジまでのちょうど中間のクラブが、7番アイアンだったからです。その時のクラブの構成は、3番アイアンや4番アイアンが入っていたため、中間が7番アイアンだったのです。

ただ現在のクラブ構成は、5番アイアンまで、もしくは、6番アイアンまでの構成が多く、ちょうど中間に当たるクラブが、「9番アイアン」となっています。それに、初心者が回る安めのコースでは、プレイング4からの距離、パー3の距離は、9番アイアン前後の距離が残ることが多いです。そのため、筆者は「9番アイアン」をおすすめしています。

 

「9番アイアン」でどんな練習をするの?

まずはひたすら「ハーフショット(パンチショット)」の練習をしましょう。

上の写真の赤線の中でスイング、時計で言うと3時〜9時の間でスイングをします。その分、飛距離は落ちますが、「正しいスイング」「ボールに対する当て感」の練習が出来ます。

男性ゴルファーであれば「9番アイアン」で、ハーフショットで上手く当たれば100yard近くは飛ぶはずです。これは、100切りにも非常に大切になってくる要素になるのですが、いかに100yardを正確に打てるかが大切になってきます。

このハーフショットが正確に打てるようにさえなれれば、他の番手やドライバーも勝手に上達して行きます。ですので、まずは「9番アイアンのハーフショット」をひたすら練習することをおすすめします!

 

打つ時のコツ【クラブのフェイス面を意識しましょう!】

ゴルフにおいて、唯一ボールと接地する場所は、クラブのフェイス面です。

RYOTA
クラブのフェイス面を意識しましょう!

このフェイス面がどういう向きで、ボールに対して当たっているのか?フェイス面のどこに当たっているのか?クラブの軌道がボールに対してどう入っているのか?を意識が出来ると、上達が一気に早まります。

これは、ドライバーでもパターでも、どのクラブでも同じです!

  • フェイス面の向きによってボールの球筋が変わる
  • フェイス面の当たる場所でボールの球筋が変わる
  • クラブの軌道によって打ち出しの方向が変わる

しっかりと意識が出来ていると、練習をしているうちに、自分の中で感覚的に掴めてくるものがあるはずです。その意識を忘れずに、フルショットの場合でもスイングが出来るとOKです!

 

まとめ

ゴルフは、今日よりも明日、明日より明後日と、日々上達をしていくからゴルフは楽しいのだと、個人的には思っています。ですので、正しい練習方法で、効率的に上達をしていきましょう!絶対にその方が楽しいです。少しでも多くの初心者にゴルフの楽しさを知って欲しいです。

 

 

100

【ゴルフ初心者が100切りするまでの実体験!】私はこれで達成しました!【結論:反省から練習に繋げること】

2020年7月10日

【ゴルフ100切り】知れば得するコースマネジメント!【結論:考え方を変えれば、スコアが劇的に変わります!】

2020年8月4日

【今話題のスイング矯正器具】The Hanger ザハンガーを紹介します!【ゴルフクラブに取り付けるだけ!】

2020年12月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA