ゴルフ初心者に多い!【ヘッドアップ】直し方を解説!これだけで解決!?(筆者の体験談あり)

ボールを最後まで見れていますか?

打ったボールを無意識に目で追っていませんか?

この記事では、私も悩まされていた「ヘッドアップ」について解説したいと思います。

私の体験を元に、それぞれのクラブ(ウッド・アイアン・パター)で解説していきます。 

ヘッドアップは「百害あって一利なし」ですので、この記事を見て直しましょう!

 

 

 

ヘッドアップの直し方を解説!これだけで解決!?

私もゴルフを始めたばかりの時には、ヘッドアップに悩まされ、一緒にラウンドしている友人からもヘッドアップしているよと、言われ続けました。

症状としては「スライス」が止まらず、OBばかりを打ち、ボールが無くなり、お金が掛かり、スコアは悪くなるため、本気で直したいと試行錯誤を続けました。

そんな私が、今やヘッドアップにはあまり悩まされていません。それは、ある改善策に気付いたからです。

その改善策を解説していきます!

 

 

ヘッドアップとは?

ヘッドアップとは、ボールを打つ瞬間に顔がボールを見ずに進行方向を見てしまうことを言います。

「ドライバー」「ウッド」「アイアン」「パター」と、どのクラブであったとしても同じような現象が起きます。

初心者に多く、自分が打ったボールがどこに飛んだのかを目で確認しようと、体や目が勝手に動いてしまうからです。

練習場ではしないのに、本番のラウンドになると「ヘッドアップ」をしてしまうのか?

それは、自分の打ったボールが

  • 「OBなのか?」
  • 「フェアウェイなのか?」
  • 「ラフなのか?」
  • 「どれだけ飛んだのか?」
  • 「グリーンオンしたのか?」
  • 「カップに入ったのか?」

これらを、思わず確認したくなるからです。目がボールの行方ばかりを気にしてしまうために起こります。

 

 

ヘッドアップすると何が悪いの?

打つ瞬間にボールを見れていないので、確実にミート率が落ちます。

目が進行方向に向いているので、頭や体も進行方向に向いています。そのためボールを打つ瞬間は「体が開いている」「体が起き上がった」状態となります。

主な症状として挙げられるものとしては、「シャンク・スライス・右に出る」「トップ」が多くなります。

それぞれの症状によっても原因が変わるため、それぞれ解説します。

 

シャンク・スライス・右に出る

体が開いているので、自分がクラブを振ろうと思っていた場所よりも手前を振ってしまいます。

そのため、クラブフェイスの先に当たると「シャンク」が出ます。

フェイスの真ん中に当たっても体が開いているために、フェイスも開きます。その場合は「スライス」、パターなら「右に出る」となります。

 

トップ

頭や体が起き上がった状態となるため、自分が思っていた場所よりも上を振ってしまいます。

そのため、クラブフェイスの下に当たり「トップ」が出ます。

 

 

改善方法

改善方法はすごく簡単です。「ボールを最後まで見ていれば良いのです」と言ってもそれが一番難しいことは、誰もが理解していると思います。

では、何を意識するのか、私が何を意識して直したのかをクラブごとに解説していきます。

 

ドライバー・ウッド

矢印が打ちたい方向(左打ち目線となってます)

上の画像の「丸が書いてあるボール辺りを最後まで見るよう」に意識してみてください。正直言ってこれだけです。

では、なぜ打つボールではないのかと言うと、自分の打つボールを見ていると勝手にボールの行方を目で追ってしまうからです。そうならないためにも、進行方向に対して、後方を意識しましょう。

打つボールを見ずに打つことが怖いと思う人がいると思います。これに関して言えることは、怖がらずに!まずはやってみてください。大丈夫です!普通に自分が打つボールをずっと見ていたところで、当たる瞬間が見えている人なんていないです。カメラのスーパースローを使ってやっと打つ瞬間、ボールが当たる瞬間が見えますので、人間にはまず無理なんです。

私はこのやり方を始めて、持ち球が「スライス」から「ドロー」へと変わり、OB数を大幅に減らすことに成功しました。

 

アイアン

アイアンでドライバーの改善策と同じことをすると、必ずダフリますので、止めてください。

では、どうするのかと言うと、打つボールのボール一個分前を見て意識していてください。

上からヘッドが入る(ダウンブロー)ことと、意識がボールじゃないところにありますので、ヘッドアップを抑えられます。

もう一つの方法として、足幅を狭くして背筋を伸ばしてください。

足幅が広いと体が回りやすく、ボールを飛ばすことには向いていますが、アイアンは飛距離よりも「方向性」を重視するクラブです。

ですので、足幅を狭く、体ができるだけ開かないように、背筋を伸ばすことによって、ヘッドアップを抑制すことが出来ます。

 

パター

パターのヘッドアップの症状として、ボールが「右に出る」ことが多く。真っ直ぐに構えて、真っすぐに打っているつもりが、カップ右端を掠めて外れるパットとなります。

パターでも今までと同じ原因です。打ったボールを目や頭で追ってしまっているのです。特にカップまで1m〜2mの時に多いです。目線の先にカップが見えているので、どうしてもボールを追ってしまいます。

改善策としては、前傾をいつもよりも強く、ボールの真上に顔が来るようにしてください。この2つを行うと、勝手に体が開きにくく抑制されます。私は、このやり方で、パット数を10打近く減らしました。(その時の調子にもよりますが・・)

ボールの周りの丸に頭が来るイメージ

ショートパットを外すことが、ゴルフにおいて一番スコアを悪くする原因となりやすいです。「300ヤードのドライブ」でも、「1mのパット」でも同じ1打です。

パターを改善して、今より良いスコアを出しましょう!

 

 

注意点・考え方

すべてのクラブに言えることですが、「大幅に」「大げさに」やってみてください。

自分でこれぐらいかな?と実践したことは大抵が、中途半端になることが多いです。

自分を決して過信をせず、

  • 周りの人に見てもらう」
  • 「写真を撮る」
  • 「鏡で確認する

これら3つを必ず行ってください。

 

 

まとめ

ヘッドアップの原因から、改善方法まで紹介しましたが、どんな方法でもそうですが、試してみてすぐに効果が出なければ、その方法は貴方には合っていないか、やり方が間違っているので、変な癖が付く前に止めましょう。

その時間や練習のボール料金が無駄です。

自分の中で原因や方法をしっかりと理解した上で、実践してみましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA