【パターが上達!?】ボールのラインの合わせ方【後ろから見たラインと構えてからのラインは違う?】

パターの時にボールのラインを合わせて打つ人と、何もせずに打つ人がいると思います。

では、どちらが良いのでしょうか?

正直に言うと答えはありません。

ただ、圧倒的にボールのラインを合わせて打つ方が簡単です。

この記事では、なぜボールのラインを合わせた方が良いのかを解説していきます。

 

RYOTA
自己紹介!

・ゴルフ経験は約2年
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90

 

パターの上達

RYOTA
まず、パターが上達するには何が必要なのかを解説します。

パターにおいてもっとも重要なことは、「狙った方向に真っ直ぐ打つこと」です。

狙った方向に真っ直ぐ打てなければ、確実にカップインすることはありません。

 

後ろから見たラインと構えてからのラインは違う?

人間の目は不思議なもので、カップとボールの直線距離にいないとどこが直線なのかが分かりません。

パターを構えた状態から見たカップまでの直線はズレていることがほとんどです。

例えば、UFOキャッチャーを行う際には、左右から覗いてターゲットまでが直線になっているかを確認すると思います。

パターでも同様に、自分とカップとボールを直線の位置にいることを心がけましょう! 

 

ボールのラインを合わせる

ボールのラインを合わせることによる大きなメリットが、パターを構えた時に余計なことを考えなくて済むことです。

ラインを合わせている場合は、自分が思ったラインを信じて打つだけとなりますので、タッチを合わせることだけに集中することが出来ます。

「ライン&タッチ」を考えるよりも、「タッチ」のみを考えて打つ方が、集中力が変わりますので思い通りのパッティングが可能となります。

打つ際には、出来るだけ考えることは少なく無心で打てるようにしましょう!

 

 

PINGのシグマ2パター

【ピン シグマ2 パター】渋野日向子プロを優勝へと導いたパターを紹介!【価格・性能・スペック・動画】

2020年12月25日

【3パット・4パットを撲滅!】考え方でパターが変わる?パターの上達がゴルフ上達への近道です!【パター・イズ・マネー!】

2020年6月18日

パターが真っ直ぐ転がらない!?【原因はアドレスです】原因と解決策を紹介!

2020年6月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA