パターが真っ直ぐ転がらない!?【原因はアドレスです】原因と解決策を紹介!

パターは真っ直ぐに転がりますか?真っ直ぐに打てていますか?

ゴルファーの中には、パターが真っ直ぐに転がらず、ショートパットを外したり、とんでもない方向に転がってしまう人は多いと思います。

その原因は「アドレス」です!

ですので、この記事では、しっかりとした「アドレス」で狙い通りのパターを行う方法をご紹介します!

 

 

 

パターが真っ直ぐ転がらない!?【原因と解決策】

【原因】パターのアドレスです!

皆様はパターのアドレスはどうされていますか?「パターは自由だから!」「入ればいいから!」気にしたことないや。という人は私の周りにも多いです。しかし、ゴルフの基本はアドレスです。上手な人やプロはアドレスを見ただけで、その人がどんな球筋を打つのかが分かると言います。そのぐらいアドレスは大切なのです。

では、何に気をつけたら良いのか?世間的に言われていることは多くありますが、全てを説明していると長くなりますので、その中でも私が一番重要だなと思うものを1つご紹介します。

 

【解決策】アドレスで気をつけること

結論から話すと、ボールの真上に頭(目)が来るように構えてください。

青丸(頭)黄丸(カップ)赤線(イメージ)

上の画像のようにボールを矢印の方向に真っ直ぐ打ちたいとします。その場合、皆様はアドレスの時に、自分の頭がどこにあるのかを確認したことのある人はいますか?実は、初心者やまだ100が切れていないような人に多いのですが、頭の位置がだいたいの人は、矢印ぐらいの場所にあります。

冷静に考えて頂きたいのですが、「ボールを手で転がしてカップに入れてください」と言われたら、体の正面とカップまでに線を引くようにイメージすると思います。その線をたどるようにボールを転がして、ボールが入るイメージを元にボールを転がすと思います。

しかし、ボール・カップ・頭(目)が一直線になっていないので、その線がパターのアドレス時には、「引けていない」「ずれている」こととなります。

青丸(頭)黄丸(カップ)赤線(イメージ)

では、頭(目)が矢印の場所にあると何が起きるのか?

カップの右に切れて、入らないパターの完成です

ですので、必ず目線は、カップ・ボール・頭が一直線になるように意識してアドレスをしましょう。

 

【注意】あなたは勘違いしてませんか?

自分は頭がボールの上にありますよ!と思った方。他人に確認してもらった、写真や鏡で確認をしましたか?自分の感覚ほど不確かなものはありません。人間はある程度、自分に都合の良いように認識を歪めたりする生き物です。真っ直ぐなつもりでも、周りから見るとズレている人は多いです。

自分を過信せずに、必ず周りの人に確認してもらいましょう!

 

 

まとめ

パターはゴルフにおいて、地味だけど、少しのミスでスコアに直結しやすい部分となります。そのため、他のクラブよりも繊細な動きが求められます。自分にとって最大限のパフォーマンスが出来るように、一つ一つの動作を確認しながら、周りの人に確認して貰いながら、理想の球筋のボールを打ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA