【ゴルフのスライスとは?】なぜ曲がる?どうすれば治る?そんな疑問に答えます!

ゴルフ初心者の最初の壁とも言われる「スライス」。

ベテランゴルファーでも悩んでいる人は多くいます。特にティーショット(ドライバー)で顕著に現れます。

スライスは曲がり幅も大きく、弾道も高いために飛距離が出ません。OBの原因にもなりやすく、100を切りたいゴルファーの壁となることが多いです。

そんな「スライス」はなぜ起きるのか?直す方法はあるのか?お伝えします。

  

 

ゴルフのスライスとは?

打球が「右打ちなら右方向へ」「左打ちなら左方向へ」と曲がることを言います。

プロゴルファーが良く使う「フェード」は曲がる方向は同じだが、曲がる幅が少ないため、狙った場所に打ちたいプロゴルファーならではの技です。

  

 

なぜ曲がる?

スライスの原因

基本的に、原因は1つです!

その原因は「フェイスが開いている」です。

←打ちたい方向「開いたフェイス」

フェイスが開いた状態では、どう頑張っても「スライス」となります。

上の写真のように打ちたい方向に対して、フェイスが開いていると「スライス」が出ます。

見て分かるようにフェイスが開いていると、勝手にフェイス面が上を向きます。そのため、「スライス」の球は弾道が高く、飛距離が出ない球となります。

 

 

どうすれば治る?

直し方はすごく簡単です。

ただ単純に、フェイスが真っすぐになるようにするだけです。

←打ちたい方向「まっすぐなフェイス」

「そんなこと言われなくても知ってるけど、出来ないんだよ!」と思った人には試して欲しいことがあります。

それは、「アドレスの時点でフェイスを被らせて構えて」みてください。

 

フェイスを被せて構える

←打ちたい方向「被ったフェイス」

初めは、すごく違和感があると思いますが、効果は絶大です。

そもそも、なぜアドレスの時には真っすぐのフェイスが、打つ瞬間には開いているのかと言うと、「シャフトが原因です。

シャフトはボールを遠くに飛ばすために

「鞭のようにしなり、パワーが出るように」

「ヘッドが遅れて体との時間差、タメが出来るように」

というように、シャフトは、科学的に作られています。

ヘッドが遅れてくるということは、自然とフェイスが開く原因を作っているのです。なので、シャフトの特性をしっかりと理解して、対策をしてあげる必要があります。

 

シャフトのしなりを考慮した対策

シャフトのしなりは、ボールを遠くに飛ばすためには必要不可欠です!

なので、ヘッドは勝手に開くものだと認識を改めましょう!」

あらかじめ開くことが分かっていれば、単純に開いてしまう分を被らせれば良いのです。

初めは違和感が強く、慣れないことだから、抵抗感が強いと思いますが、思い切ってやってみてください。

「ポイントは大胆に!大袈裟に!です。

少し変えたぐらいでは変わりません。人間は変化を嫌う生き物です。普段取っていない行動は取りにくいものです。

初めは、とてつもないフックを打つつもりで打ちましょう。そこから徐々に調整をして、自分に合っているアドレス時のフェイスの角度を覚えましょう。

 

 

まとめ

私もそうでしたが、スライスが減ればOBが減って、OBが減ればスコアが良くなって、スコアが良くなれば今よりゴルフが楽しくなります。

何事もまずはチャレンジです!試してみてダメだったら辞めれば良いだけなので、気負わずにやってみてください。

皆様の「ストレス=スライス」が無くなることを祈っております。

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA