あなたのスライスはどのタイプ?タイプ別に徹底解説!

スライスの種類には「3種類」あります。

今回は、そのスライスがなぜ起きるのか?どうやって直すのか?を解説します。

この記事は、右打ちを前提で話しを進めます。

 

 

あなたのスライスはどのタイプ?

スライスの種類

スライスには3種類あります。

  1. プッシュスライス
  2. ストレートスライス
  3. プルスライス

順番に解説していきます。

  

プッシュスライス

一番OBになりやすいものが「プッシュスライス」です。右に出てそのままスライスするため、ほぼOBとなります。初心者の最初の壁となりやすい球筋となります。

原因:「インサイドアウト」の軌道でクラブが入ってくるため、方向が右に出ます。フェイス面も開いているため、そのままスライスします。

対策:「インサイドイン」の軌道にしましょう。これで「プッシュアウト」は直せます。後は、フェイスが開かないようにしましょう。

 

ストレートスライス

プッシュスライス」の次にOBになりやすい球筋です。ただ、真っすぐの軌道で球が出るため、幅の広いコースでは、OBにはならないことが多いです。

原因:「インサイドイン」の軌道でクラブが入っているため、球筋は真っすぐ出ます。ただ、フェイス面が開いているので、スライスします。

対策:フェイスが開かないようにするだけで、真っすぐな軌道の「ストレートボール」が打てます。あと少しです。

 

プルスライス

OBゾーンからフェアウェイに帰ってくる球筋です。OBにはなりいくいですが、擦り球になっているため、距離が出ません。

原因:「アウトサイドイン」の軌道でクラブが入ってくるため、ボールは左に飛びます。フェイスが開いているので、スライスとなります。

対策:「インサイドイン」の軌道にしましょう。これで左へ飛ぶ軌道は直せます。後は、フェイスが開かないようにしましょう。

 

 

スライスの原因・直し方

別の記事でスライスの原因と直し方を解説しております。

 

 

まとめ

自分の特徴や原因を知ることによって、対策も変わってきます。

基本的にスライスの原因はフェイスの開きです。これ以外にはありません。スライスを直したいのであれば、自分のフェイス面を見直しましょう。

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA