なぜドライバーでスライスが出るのか?原因は手の甲でした!直し方を徹底解説!

2 min 19 views
RYOTA

RYOTA

シングル目指して頑張っている20代ゴルファーです!
【経歴】
・ゴルフ経験は2年半
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90

FOLLOW

スライスで悩んでいませんか?

ドライバーでスライスが出ると、OBの可能性が高くなります。

そのため、スライスが出るような初心者の方は、スコアがいつになっても良くならないので、ゴルフが楽しくなくなってしまいます。

RYOTA

RYOTA

私も初心者の時に同じようにスライスで悩んでいました。
打った瞬間にOB確定のショットしか打てませんでした。

そんな私がどのようにして、スライスを克服したのかを解説します!

スライスを克服したい人は、ご覧ください!

なぜドライバーでスライスが出るのか?
フェイスが開いているからです!

スライスが出る絶対の原因は、インパクト(ボールとクラブが当たる瞬間)にフェイスが開いていることです。

スライスでは100%これが原因です。

他に原因はありません!

フェイスが開かない対策をすればスライスは出ません!

単純な話しですが、フェイスが開かないような打ち方を身につけるだけで、スライスを確実に治すことができます!

そのやり方を、次から解説します。

スライスの直し方を徹底解説!
【結論:テイクバックでの手の甲を意識しましょう!】

では、本題のスライスの直し方について、話していきます!

まずは、自分がどのようなスイングをしているのかを客観的に見る必要がありますので、練習場などで、ドライバーショットを後ろから撮影してみてください。

準備ができたら、次に進んでください。

スライサーの9割が当てはまる!
スライスの原因は手の甲が折れていることです!

まずは、下の写真を見てください。

貴方のスイングでは、写真とは違って、テイクバックの時に「左手の甲が甲側に折れてはいませんか?」

ここが真っ直ぐではないと、確実にスライスします!

なぜ手の甲が折れるとスライスするのか?

試してみて欲しいのですが、テイクバックにて手の甲が折れている状態をわざと作り、そのままの状態でボールまでゆっくりと下ろしてみてください。

RYOTA

RYOTA

あら不思議!
フェイスが開いています!

初めは違和感がありますが、ひたすら手首を真っ直ぐにすることを意識して打ってください!

後は、意識しながら練習を繰り返して、無意識でも出来る状態にしましょう!

RYOTA

RYOTA

無意識に出来るような状態でなければ、コースでは出来ないことが多いです。
クセ付いていない時は、常に意識しましょう!

私の実体験ですが、本番のゴルフ場では練習で意識しているレベルのことは、基本的にできません。

無意識にできるレベルでないと、いつの間にか元に戻っていることが多いです。

気をつけましょう!

スライスの原因を知り、練習をすれば!
誰でも確実にスライスしないようになります!

RYOTA

RYOTA

まとめ!

スライサーの9割が当てはまること。

それは、テイクバックで手の甲が折れていることです!

ただ、練習を繰り返すだけでは、上手くはなれません!

原因を知って、正しい練習を行い、楽しいゴルフをしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA