【ゴルフの事故防止のために気をつけること4選!】事故を起こしてからでは遅いですよ!【自分と相手を守るために】

RYOTA
スポーツでもっとも怖いことが、不意の事故です。
「自分自身の事故」「他人への事故」
実際に、ゴルフでも死者が出るような事故も発生しています。

自分や周りでそんな事故が起きないように、しっかりと対策やマナーを頭に入れておきましょう!

 

 

ゴルフの事故防止のために気をつけること4選!

RYOTA
この4つは必ず守りましょう!

・人が近くにいる状態でクラブを振らない
・ボールを打つ人より前に出ない
・前の組に打ち込まない
・「ファー」の声掛け

それぞれを解説します!

 

人が近くにいる状態でクラブを振らない

クラブを振る時には必ず周りに人がいないことを確認してから振りましょう。

クラブを振りそうな人に近づかないことも自分の身を守ることに繋がります。

 

ボールを打つ人より前に出ない

今からボールを打つ人よりも前に出ることは止めましょう。どんなに上手な人でもミスはありますし、絶対はありません。自分の身は自分で守りましょう。

もし、今から打とうとしている状況で前に人がいた場合は、打つのを辞めるか、一声を必ず掛けてから打ちましょう!

ボールをぶつけてしまえば、必ず貴方が悪者になってしまいます。下手をすると死傷者が出る可能性もありますので、細心の注意を払いましょう。

ゴルフダイジェスト社 ラウンド中の打球事故で会社員が死亡 (事故例)

https://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2002/20020521b.asp

 

前の組に打ち込まない

自分の飛距離を考慮した上でショットしましょう!

特にグリーン上は注意が必要です。

ラインを読むために、下を向いている人も多いです。

 

「ファー」の声掛け

隣のホールにボールが飛んでしまい、危ないと感じたら必ず「ファー」の声掛けをしましょう。例え人がいなかったとしても、叫んでおいて損はありません。

自分の為にも、相手の為にも声を掛けましょう!

 

ゴルフ保険で危険を事前に対策!

自分はもちろん。

家族を守るためにも、保険という選択肢はありだと思います。

楽天のゴルフ保険なら月々320円では入れます!

【月々320円〜楽天の ゴルファー保険】プレー中の怪我やクラブの破損&盗難にも使えて安心!【もしも?万が一に備えて!】

2020年12月31日

 

【ゴルフコンペでのルールや競技方法を紹介!】幹事や参加者は必見!【ドラコン・ニアピン】

2020年8月11日

【スロープレーの実例5選!】スロープレーとは?【スロープレーを避ける為にやるべきこと!】

2020年7月31日

【ボールマーク・ピッチマークの直し方!】ゴルフ初心者必見のゴルフマナー!【直さないと芝を痛めます!】

2020年7月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA