時間
【期間限定キャンペーン】
無料でビットコイン1,500円分をゲット!

【NFT/仮想通貨】Web3の専門用語を初心者にも分かりやすく解説!

9 min
【NFT/仮想通貨】Web3の専門用語を初心者にも分かりやすく解説!

Web3/クリプトの世界に入ったばかりの初心者が100%困ること・・
それは、用語が分からないことです!

RYOTA

RYOTA

私も初めはそうでした(泣)
「ビジネス用語かよ!!」と思うぐらい横文字と略称が多く、戸惑うことが多かったです!

この記事では、よく初心者が質問される用語をピックアップしましたので、読むだけで用語に困ることは少なくなります!

ぜひ参考にしてください。

入金は1円でOK!
今なら1,500円分のビットコインがもらえます!

早いもの勝ちです!!!
【注意】予算を超えると突然キャンペーンが終了する可能性があります。

目次

Web3の専門用語を解説!【NFT/仮想通貨/BCG(ブロックチェーンゲーム)】

RYOTA

RYOTA

まず、Web3と一言で言っても多くのジャンルがあります!
なので、3つのジャンルに分けて紹介していきます!

順番に紹介していきます。

仮想通貨に関する専門用語集

名称読み方
仮想通貨かそうつうか
Bitcoinビットコイン
Ethereumイーサリアム
Stablecoinステーブルコイン
Blockchainブロックチェーン
GOXゴックス
Coincheckコインチェック
Binanceバイナンス
Smart contractスマートコントラクト
DeFiディーファイ
DEXデックス
Pancake Swapパンケーキスワップ
Stakingステーキング
APYエーピーワイ
APRエーピーアール
IEOアイイーオー

【仮想通貨/かそうつうか】とは?

仮想通貨/かそうつうか とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

仮想通貨/かそうつうか」は、インターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用できるものです。

代表的なものとして、「ビットコイン・イーサリアム」などをはじめとして様々な種類が存在します。

2019年5月31日に資金決済法と金融商品取引法の改正が成立したため、法律上の名称は『暗号資産』へと変更されています。

仮想通貨の略称(メインどころをピックアップ)

名称読み方
BTCビットコイン
ETHイーサリアム
BNBバイナンスコイン
USDCユーエスディーシー
USDTユーエスディーティー
XRPリップル
SOLソラナ
CAKEケーキ

【Bitcoin/ビットコイン】とは?

Bitcoin/ビットコイン

「Bitcoin/ビットコイン」は、サトシ・ナカモトと名乗る人物によって2009年に原論文が発表された中央銀行や単一の管理者を持たない分散型のデジタル通貨です。

仲介者を必要とせず、P2P(Peer to Peer)でビットコインネットワーク上でユーザーからユーザーへとビットコインを送信することで取引が可能です。

【Ethereum/イーサリアム】とは?

Ethereum/イーサリアム

「 イーサリアム 」は、ビタリック・ブテリン氏が考案したビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨です。

ブロックチェーン上にアプリケーションを記録したり契約の内容を保存したりできるため、NFTを取引される際に多くのマーケットプレイスで、取引通貨として使用されています。

【Stablecoin/ステーブルコイン】とは?

Stablecoin/ステーブルコイン とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「Stablecoin/ステーブルコイン」は、ドルや円などの法定通貨と連動するように作られた通貨です。

有名なコイン
  • USDC
  • USDT
  • BUSD

【Blockchain/ブロックチェーン】とは?

Blockchain/ブロックチェーン とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「Blockchain/ブロックチェーン」は、情報をブロックと呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術のことです。

ブロックチェーンの取引記録は、特定の管理主体が存在する通常の集中管理型システム(銀行など)と異なり、複数のシステムがそれぞれ情報を保有し、常に同期が取られる「分散型台帳」という仕組みで管理されているため、一部のシステムが停止・故障しても、システム全体の運行・稼働に与える影響を抑制することが可能となっています。

特徴
  • 仮想通貨の取引をみんなで監視し合っている
  • 取引記録の改ざんは難しい
  • 不正や不具合などが起きても、システム全体は稼働し続けることができる

【GOX/ゴックス】とは?

GOX/ゴックス とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「GOX/ゴックス」は、仮想通貨を失うことを意味します。

語源は、2014年2月に東京に本拠を置く仮想通貨取引所の「Mt.Gox(マウントゴックス)」社が、ハッキング被害を受け750,000BTCを不正流出させたことからきています。

ゴックスの例
  • 送金時にアドレスを間違えて送ってしまった
  • IDやパスワードを忘れてしまった(セルフゴックス)

【Coincheck/コインチェック】とは?

Coincheck/コインチェック

Coincheck/コインチェックは、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している日本の大手暗号資産の取引所です。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の購入や売買、送金などのサービスを受けることができます。

特徴
  • 仮想通貨と日本円を交換できる
  • アプリダウンロード数、国内No.1

【Binance/バイナンス】とは?

Binance/バイナンス

Binance/バイナンスは、ユーザー数、取引数のいずれにおいても世界最大級の海外仮想通貨取引所です。

独自の仮想通貨である「BNB/バイナンスコイン」を発行しています。

特徴
  • 日本の取引所では扱えない多くのコインを取引できる
  • 取引での手数料が安い

【Smart contract/スマートコントラクト】とは?

Smart contract/スマートコントラクト とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「Smart contract/スマートコントラクト」は、あらかじめ設定されたルールに従って、人の手を介さずに契約を自動で実行してくれる「契約の自動化」を意味しています。

あらかじめ設定されたルールに従って、ブロックチェーン上のトランザクション(取引)、もしくはブロックチェーン外から取り込まれた情報をトリガーにして実行されるため、改ざんの心配が少なく信頼性が高くなります。

【DeFi/ディーファイ(貸し借り)】とは?

DeFi/ディーファイ とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「DeFi/ディーファイ」は、従来の金融システム(銀行など)の中央管理者を介さずにユーザー同士で仮想通貨の貸し借りができる金融サービスのことです。

日本語では、「分散金融/分散型金融」と呼びます。

DeFiには、スマートコントラクトがが使われており、ある一定の条件が満たされた際に取引が成立する仕組みとなっており、不正行為やデータの改竄はほぼ不可能となっています。

特徴
  • ステーキング(預ける)することで大きな利息が付く
  • 不正行為やデータの改竄を行うことは不可能

【DEX/デックス(交換)】とは?

DEX/デックス とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「DEX/デックス」は、個人間で同じ価値を持つ仮想通貨通しを交換するためのサービスのことです。

日本語では、「分散型取引所」と呼びます。

DeFiと同じように、人の手を介さないため手数料を安く済ませることができます。

特徴
  • Coincheckなどの業者を通さずに売買が可能
  • ウォレットを繋げるだけで世界中で利用できる

【Pancake Swap/パンケーキスワップ】とは?

Pancake Swap/パンケーキスワップ

Pancake Swap/パンケーキスワップは、BINANCEのブロックチェーン上で運営されるDEX(分散型取引所)です。

全世界のサーバーで分散管理されており、人の手を介していないため通常の取引所よりも手数料が安くなっています。

特徴
  • 流動性プール内に仮想通貨を預けることで利回りがもらえる
  • ガバナンストークンであるCAKEを発行している

【Staking/ステーキング】とは?

Staking/ステーキング とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「Staking/ステーキング」は、対象の仮想通貨を預け入れることで、報酬を得られる仕組みです。 

ロック状態(一定の期間引き出せない)にすることで、より多くの報酬を得ることもできます。

【APY/エーピーワイ(複利)】とは?

APY/エーピーワイ とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「APY/エーピーワイ」元金と複利を考慮した上での投資の収益率です。

ステーキングで獲得したトークンを再投資することで増えるリターンも含めた収益を表したもの。

【APR/エーピーアール(単利)】とは?

APR/エーピーアール とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「APR/エーピーアール」複利を含まない状態での投資の収益率です。

ステーキングで獲得したトークンを再投資しなかった場合の収益を表したもの。

【IEO/アイイーオー】とは?

IEO/アイイーオー とは?【仮想通貨に関する専門用語集】

「IEO/アイイーオー」とは、仮想通貨の発行体が交換業者を介して「トークン」を上場させ、投資家から資金を集めることを言います。

格安でトークンの購入ができるので、価値が上がるトークンを入手できると爆益を得られる可能性がります。

NFTに関する専門用語集

名称読み方
NFTエヌエフティー
Generative NFTジェネラティブ
MetaMaskメタマスク
Discordディスコード
Rollロール
WLホワイトリスト
Public saleパブリックセール
Presaleプレセール
Mintミント
Giveawayギブアウェイ
PFPピーエフピー
SBTソウルバウンドトークン
OpenSeaオープンシー
Royaltiesロイヤリティ
Gas feeガス代
Launchローンチ
Transactionトランザクション
BURNバーン
Rug pullラグプル
DYORディーワイオーアール

【NFT/エヌエフティー】とは?

NFT/エヌエフティー とは?【NFTに関する専門用語集】

「NFT/エヌエフティー」は、『Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)』の略で、偽造や改ざんが不可能なデジタルデータとなります。

従来のデジタルデータ(写真や動画)は、いくらでもコピーで増やすことができ、権利の証明が難しいです。

しかし、そんなデジタルデータに、唯一無二の価値を持たせることができたのがNFTです。

【Generative NFT/ジェネラティブ】とは?

Generative NFT/ジェネラティブ とは?【NFTに関する専門用語集】

「Generative NFT/ジェネラティブ」は、プログラムやアプリによって自動生成されたNFTアートのことです。

顔の表情や服装、背景などのパーツを自動的に組み合わせて数千〜数万個の作品を作成します。

【MetaMask/メタマスク】とは?

MetaMask/メタマスク

「MetaMask/メタマスク」は、仮想通貨の送受信や管理、NFTの保管が可能なウォレット(財布)のことです。

仮想通貨やNFTを触るためには必須のツールとなります。

【Discord/ディスコード】とは?

Discord/ディスコード

「Discord/ディスコード」は、大人数のコミュニティ運営にも適したチャットツールです。

もともとは、ゲーマー向けボイスチャットとして注目されていましたが、NFTコミュニティとして徐々に使われるようになり、現在ではほとんどのNFTコミュニティで利用されています。

Discord - 話そう、チャットしよう、集まろう

Discord – 話そう、チャットしよう、集まろう

Discord, Inc.無料posted withアプリーチ

【Roll/ロール】とは?

Roll/ロール とは?【NFTに関する専門用語集】

「Roll/ロール」は、Discord内で与えられる役職のことを言います。

ロールによって、その人の活動実績や持っているNFTを把握することができます。

コミュニティによっては、特定のロールを持っていないと入れないチャットルームがある。

ロールを得る方法
  • 特定のNFTを所持して、Discordとウォレットを繋げる
  • コミュニティ内で一定以上の活動をする

【WL(White list)/ホワイトリスト】とは?

WL/ホワイトリスト とは?【NFTに関する専門用語集】

「WL/ホワイトリスト」は、『White list』の略で、アクセスを許可するアドレスのリストを作成し、それ以外は拒否・禁止する目録のことです。

ホワイトリストを持っていることで、お得にNFTを購入できる初期セールに参加することができるため期待のNFTでは応募が殺到することもあります。

入手方法
  • Twitterなどのリツイート
  • 応募や抽選で当選する
  • 特定のNFTを所持している

【Public sale/パブリックセール】とは?

Public sale/パブリックセール とは?【NFTに関する専門用語集】

「Public sale/パブリックセール」は、NFTを販売することで全世界から資金調達を行うこと。

最近では、プレセールのみ行う場合も増えてきています。

【Presale/プレセール】とは?

Presale/プレセール とは?【NFTに関する専門用語集】

「Presale/プレセール」は、ホワイトリストを持っている一部の人に対して、一般販売(パブリックセール)の前にセール価格で販売することです。

順番

プレセール ⇒ パブリックセール

【Mint/ミント】とは?

Mint/ミント とは?【NFTに関する専門用語集】

「Mint/ミント」は、スマートコントラクトを使って、NFTを新たに作成・発行することです。

具体的には、ブロックチェーン上にデジタルアートをNFT化して記録する作業を行っています。

【Giveaway/ギブアウェイ】とは?

Giveaway/ギブアウェイ とは?【NFTに関する専門用語集】

「Giveaway/ギブアウェイ」は、マーケティングの領域において、販売促進を狙った無料の配布物やグッズのこと言います。

Twitterなどで「フォロー&リツイート」でギブアウェイをしている人が多いです。

「Airdrop/エアドロップ」と言われたりもする。

【PFP/ピーエフピー】とは?

PFP/ピーエフピー とは?【NFTに関する専門用語集】

「PFP/ピーエフピー」は、Twitterなどのソーシャルメディアのプロフィールアイコンとして使用できるNFTアートのことです。

お気に入りのPFPをソーシャルメディアに設定することで、所属するコミュニティ、応援しているプロジェクト、自身の価値観などを表現することができます。

【SBT/ソウルバウンドトークン】とは?

SBT/ソウルバウンドトークン とは?【NFTに関する専門用語集】

「SBT/ソウルバウンドトークン」は、通常のNFTと違って、譲渡や販売が不可能なNFTのことです。

ソウルバウンド(魂に縛られた)トークンですので、ウォレットに永久的に紐付いた状態となります。

【OpenSea/オープンシー】とは?

OpenSea/オープンシー とは?【NFTに関する専門用語集】

「OpenSea/オープンシー」は、世界最大手のNFTオンラインマーケットプレイスです。

世界中の誰でも、メタマスクさえあればOpenSeaを利用することができます。

できること
  • NFTの生成
  • 所持NFTの管理
  • NFTの売買
  • オークションでの売買

【Royalties/ロイヤリティ】とは?

Royalties/ロイヤリティ とは?【NFTに関する専門用語集】

「Royalties/ロイヤリティ」は、二次流通においての手数料を意味しています。

OpenSeaでNFTの作成者が、どれだけのロイヤリティを受け取るかを設定することができます。(最大10%)

【Gas fee/ガス代】とは?

Gas fee/ガス代 とは?【NFTに関する専門用語集】

「Gas fee/ガス代」は、仮想通貨やNFTの送受信、販売を行った時に発生する手数料のことです。

所有権が個人間で移ったことを取引履歴としてチェーンに記録する人達(マイナー)に対する報酬を支払うために手数料を取っています。

【Launch/ローンチ】とは?

Launch/ローンチ とは?【NFTに関する専門用語集】

「Launch/ローンチ」は、新しくサービスを開始することを言います。

例えば、「新しいジェネラティブNFTをローンチ(始める)します!」と、このように使用されます。

【Transaction/トランザクション】とは?

Transaction/トランザクション とは?【NFTに関する専門用語集】

「Transaction/トランザクション」は、仮想通貨やNFTの取引記録のことです。

トランザクションがチェーンに刻まれることで、誰も改ざんすることができなくなります。

【BURN/バーン】とは?

BURN/バーン とは?【NFTに関する専門用語集】

「BURN/バーン」は、市場に流通する仮想通貨やNFTの枚数を永久に消滅させることです。

バーンはそのまま焼却という意味で、仮想通貨やNFTの発行者や運営者が燃やして無くしてしまう行為です。

市場に出回っている枚数が少ないほど価値が高まるため、手数料などで得た利益を定期的にバーンに使用するプロジェクトは多いです。

【Rug pull/ラグプル】とは?

Rug pull/ラグプル とは?【NFTに関する専門用語集】

「Rug pull/ラグプル」は、詐欺が語源となった言葉で、プロジェクトがお金だけ集めて夜逃げをする行為のことです。

仮想通貨やNFTの発行に身分証明が必要ないため、資金だけ集めて逃げることで誰も追うことができないため起きてしまう詐欺手法です。

よくある手法
  1. TwitterやDiscordにて期待感をユーザーに与える
  2. 仮想通貨やNFTの購入にて先行投資をさせる
  3. プロジェクトの開始前に音沙汰が無くなる
  4. ユーザーがラグプルだと気がつく
  5. アカウントやサイトは消されている

【DYOR/ディーワイオーアール】とは?

DYOR/ディーワイオーアール とは?【NFTに関する専門用語集】

「DYOR/ディーワイオーアール」は、『Do Your Own Research』の頭文字を取ったもので、「投資は自分で責任を持って調べて自己責任で行いましょう!」という意味です。

NFT投資では詐欺が多く、引っかかっても誰も責任を取ってくれませんし、相手にもしてくれません。

すべてが自己責任の世界だと認識しましょう。

BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集

名称読み方
BCGブロックチェーンゲーム
GameFiゲーミファイ
White paperホワイトペーパー
Road mapロードマップ
Metaverseメタバース
AMAエーエムエー
P2Eプレイトゥアーン
M2Eムーブトゥーアーン

【BCG/ブロックチェーンゲーム】とは?

BCG/ブロックチェーンゲーム とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「BCG/ブロックチェーンゲーム」は、ブロックチェーンを活用して作られたゲームのことです。

ゲームを遊ぶことでトークンを受け取り、換金することでお金を稼ぐことができるゲームとなります。

稼ぐ方法
  • 獲得したトークンを換金する
  • NFTやアイテムを売買して稼ぐ
  • NFTを貸し出して手数料をもらう

【GameFi/ゲーミファイ】とは?

GameFi/ゲーミファイ とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「GameFi/ゲーミファイ」は、Game(ゲーム)とFinance(金融)を掛け合わせた言葉で、ゲームを遊ぶことで稼ぐことができる仕組みのことです。

意味合いとしては、ブロックチェーンゲームを同じです。

有名なゲーム
  • Axie Infinity
  • STEPN

【White paper/ホワイトペーパー】とは?

White paper/ホワイトペーパー とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「White paper/ホワイトペーパー」は、自身のプロジェクトの内容について詳しく説明した事業計画書のことです。

プロジェクトの目標や目指しているビジョンが書かれているため、投資を行う前には必ずホワイトペーパーを確認しましょう。

【Road map/ロードマップ】とは?

Road map/ロードマップ とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「Road map/ロードマップ」は、今後のプロジェクトの方針を示したものです。

月単位、四半期単位での目標をユーザーに知ってもらうためにホワイトペーパーやホームページに表示されることが多い。

【Metaverse/メタバース】とは?

Metaverse/メタバース とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「Metaverse/メタバース」は、インターネット上に創られた仮想空間(仮想現実)のことです。

自分自身のアバターを操作し、仮想空間内を移動したり、他の参加者とチャットや文章で交流できます。

イメージ
  • マインクラフト、APEX(ゲーム)
  • ソードアート・オンライン(アニメ)

【AMA/エーエムエー】とは?

AMA/エーエムエー とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「AMA/エーエムエー」は、『Ask Me Anything』の頭文字を取ったもので、直訳すると『何でもきいてください』という意味になります。

TwitterのスペースやDiscordで行われることが多く、ユーザーからの質問や今後の方針などを運営者が直接話す場となっています。

【P2E/プレイトゥアーン】とは?

P2E/プレイトゥアーン とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「P2E/プレイトゥアーン」は、『Play to Earn』の頭文字を取ったもので、ゲームをプレイすることで、お金を稼ぐ(アーン)できるオンラインゲームのことです。

「BCG/ブロックチェーンゲーム」や「GameFi/ゲーミファイ」と呼んだりもします。

P2E
  • エルフマスターズ
  • Isekai Battle

【M2E/ムーブトゥーアーン】とは?

M2E/ムーブトゥーアーン とは?【BCG(ブロックチェーンゲーム)に関する専門用語集】

「M2E/ムーブトゥーアーン」は、『Move to Earn』の頭文字を取ったもので、歩く(ムーブ)することで、お金を稼ぐ(アーン)する仕組みのことです。

専用のNFTを購入して歩くだけで、トークンをもらうことができます。

代表的なM2E
  • STEPN
  • RunBlox
関連記事