【意外と知らない利き目とは?】ゴルフにおいて重要ですので、自分の効き目を把握しましょう!【調べ方を解説】

RYOTA
突然ですが
貴方の利き目は「右と左」どちらですか?

「利き腕はどっち?」と聞かれれば、100%の人が答えられると思いますが、利き目となると、答えられる人が減ります。

ゴルフや全般的なスポーツにおいて利き目の存在は多きいです。

なにせ、人間にとってボールを把握することのほぼ100%を「目」に頼っているからです。

そんな、効き目の調べ方と、なぜ利き目が重要なのかの解説をします!

 

利き目の調べ方

利き目の調べ方は以下の通りです。

  1. 遠くにある目印を見つける
  2. 片手でOKマークを作る
  3. OKマークの中に、見つけた目印が入るようにする
  4. 右目、左目と順番に目をつぶる

特に最先端の機器を使うこともなく、いつでも、どこでも、以外と簡単に調べることが出来ます!

それでは、詳しいことを順番に解説します。

遠くにある目印を見つける

まずは、何でも大丈夫なので目標となるものを見つけましょう。

ゴルフの練習場であれば、ピンフラッグを目印にしてもいいです。

片手でOKマークを作る

次に、片手でOKマークを作ってください。

OKマークの中に、見つけた目印が入るようにする

そして、OKマークの丸の中に、先程見つけた目印が両目で見た時に、ちょうど真ん中に来るようにしてください。

これで準備は完了です。

右目、左目と順番に目をつぶる

最後に、右目、左目と順番に目をつぶってください。

片目で見ると、左右どちらかの目はしっかりとOKマークの丸の中に対象物が入っていますが、反対の目はOKマークから目印がずれます。

しっかりと目印が入っている目があなたの「利き目」となります。

 

どれくらいの割合なの?利き腕、打ち方との関係と特徴

先程のOKマークを使った検証でもわかったと思いますが、人間は基本的に利き目を中心に物を見ています。

ですので、ゴルフボールを打つ時、パターのラインを読む時など、正確に情報を脳に送るためには、利き目を上手く使う必要があります。

自分がどれくらいの割合で、ゴルフでの特徴と、ついでにゴルフとは関係はあまりありませんが、それぞれの性格の特徴について紹介します。

右手が利き手なら右打ちを前提に話を進めます。

利き手が右、利き目が右(74%)

ゴルフでの特徴

右打ちで右目が利き目の人は、ボールが前にありますので、どうしてもアドレス時に少し体が開きやすくなります。

結果的に、アドレスの時から開いた形となりやすいので、スライスが出やすいです。

ですので、貴方のスライスは、利き目に原因があるのかもしれませんよ?

自分のアドレスを見直してみてください。

目標方向よりも後ろの目でボールを見ているため、頭を残すことが得意となりやすいです。

性格の特徴

物事の核心をとらえることができ、人々をまとめるリーダーに向いています。

利き手が左、利き目が左(16%)

ゴルフでの特徴

左打ちで左目が利き目の人は、ボールが前にありますので、どうしてもアドレス時に少し体が開きやすくなります。

結果的に、アドレスの時から開いた形となりやすいので、スライスが出やすいです。

ですので、貴方のスライスは、利き目に原因があるのかもしれませんよ?

自分のアドレスを見直してみてください。

目標方向よりも後ろの目でボールを見ているため、頭を残すことが得意となりやすいです。

性格の特徴

芸術性に優れており感性が豊かです。

直観力があり、人が考えていることや本性、嘘を見抜く力に長けています。

利き手が右、利き目が左(8%)

ゴルフでの特徴

右打ちで左目が効き目の人は、目標方向に利き目がありますので、頭が突っ込む動きが多くなります。

ですので、フック系のボールが出やすくなります。

頭を残すことを意識してスイングを行いましょう!

性格の特徴

小さな変化や物事の細部にもよく気が付きます。

細部に集中しすぎて全体感を見逃してしまいがちです。

利き手が左、利き目が右(2%)

ゴルフでの特徴

左打ちで右目が利き目の人は、目標方向に利き目がありますので、頭が突っ込む動きが多くなります。

ですので、フック系のボールが出やすくなります。

頭を残すことを意識してスイングを行いましょう!

性格の特徴

ある一つの分野に対して天才性を発揮することがあります。

歴史上の偉人にこのタイプが多いですが、興味ある分野以外のことには無関心になりがちです。

 

パターは利き目の真下にボールを!ラインは利き目で判断を!

パッティングのアドレス

パターでも、利き目の使用方法が重要になります。

パターを構える時は、利き目がどちらであったとしても、ボールを置く位置は「利き目の真下」がベストポジションとなります。

「目の真下」にボールを置くことで目のラインと目標ラインが平行になり、まっすぐボールを打ち出しやすくなります。

ただし、「利き手が右、利き目が右」「利き手が左、利き目が左」の人は、スタンス中央にボールを置くと、パッティングがスムーズとなります。

そして、「利き手が右、利き目が左」「利き手が左、利き目が右」の人は、効き目の真下にボールを置くほうが、パッティングがスムーズとなります。

パターも利き手が右なら右打ちが前提で話しております。

ラインを読む

ラインを読むときは、片目をつむって利き目だけで見てみましょう。

高低差や芝目などが、両目で見るよりも感じやすくなります。

ぜひ試してみてください。

 

【ゴルフのUS仕様とは?】日本仕様と比べてどうなの?「ドライバー&ゴルフボール」それぞれで解説!

2021年1月7日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA