ボールマーク・ピッチマークの直し方を解説!

2 min 64 views

ゴルフボールをグリーン上にアプローチした際に出来る、ゴルフボール跡のことを「ボールマーク」もしくは「ピッチマーク」と呼びます。

ゴルフ場では、「ボールマークピッチマーク」は必ず直しましょう!と案内されると思います。

RYOTA

RYOTA

では、なぜ?
ボールマーク・ピッチマークを直さなくてはいけないのか?
そして、正しい直し方はあるのか?

そんな疑問について解説していきます!

ボールマーク・ピッチマークとは?

ボールマーク・ピッチマーク」どちらも同じ意味として、グリーン上に残るゴルフボール跡のことを言います。

※以後は、ボールマークで統一します。

なぜ治すのか?【結論:芝を痛める原因となります】

グリーン(芝生)は繊細な生き物です。そのまま放っておくと芝生を痛める原因となります。

グリーンに緑の芝ではなく茶色になった芝を見たことはありませんか?

これは、ボールマークが付いたにも関わらず、治さなかった人がいたために芝が枯れてしまった為に発生します。

そのため、ボールマークをボールを打った本人が治すことがゴルフの基本的なルールです。ですので、必ずボールマークが付いたら治す癖をつけましょう!

グリーンフォークで綺麗に治すことができます!

ボールマークを治す際に必要となるのが、「グリーンフォーク」です。

その名の通りフォークのような形をしており、芝を上手く持ち上げることが可能になります。

必ず1本は持っておきましょう!

ボールマークの正しい直し方【実践動画付き!】

直し方は簡単です!

RYOTA

RYOTA

初心者の方でもすぐに実践することができますので、安心してください。

  1. サイドから盛り上がった所にグリーンフォークを刺します
  2. サイドから凹みの中に芝生を寄せます
  3. 最後にパターで軽く叩いて平らにならす

①サイドから盛り上がった所にグリーンフォークを刺します

②サイドから凹みの中に芝生を寄せます

③最後にパターで軽く叩いて平らにならす

誰でも簡単に直せますので、ぜひ実践してみてください 

参考動画

RYOTA

RYOTA

シングル目指して頑張っている20代ゴルファーです!
【プロフィール】
・ゴルフ経験は2年半
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90
・飛距離平均250yard
・ヘッドスピード47m/s

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA