時間
まもなくAmazonプライムデー開催!

【知ってるだけで得をする】ゴルフ用語「グロス・ネット」違いを解説!

1 min 89 views
【通常3,300円(税込)⇒1,100円(税込)】
ゴルフ力診断(プロトレーナーが60分診断) 7月末までキャンペーンを実施中!!
RYOTA

RYOTA

シングル目指して頑張っている20代ゴルファーです!
【プロフィール】
・ゴルフ経験は2年半
・ゴルフを初めて半年で100切り
・ベストスコア84
・アベレージスコア90
・飛距離平均250yard
・ヘッドスピード47m/s

FOLLOW

ゴルフを初めたばかりの人だと「グロス?」「ネット?」と言われても何の事か分からない人も多いと思います。

特に、会社等でのゴルフコンペで耳にすることの多いゴルフ用語だと思います。

この記事では、そんなグロスとネットの違いについて解説していきます!

知って得するゴルフ用語!「グロスとネット」

RYOTA

RYOTA

ゴルフのスコアには、2つのスコアの出し方があります。

  • グロス(GROSS)
  • ネット(NET)

それぞれの特徴と計算方法を解説していきます!

グロス(GROSS)【完全にガチのスコア】

グロスとは、18ホールでの総スコアを表します。ハンディキャップを引かずに出すスコアのことを表します。

ゴルフにおいて基本的なスコアの数え方となります。パープレーであれば、スコアが「72」となります。

ベストグロス(ベスグロ)

その名前の通り、1番グロスの成績が良かった人のことを言います。

コンペなどでは、ネットでの順位以外にも、この「ベストグロス」での表彰があることもあります。

ネット(NET)【ハンディを計算したスコア】

ネットとは、グロスからハンディキャップを引いた数字を表します。

例えば、18ホールを「100」で回った場合、ハンディキャップが「20」付くと、ネット「80」となります。

コンペでは、この数字で順位が決定することが多いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA